[ 3.28 ]


レコーディングスタジオに早く着きすぎた…

ローディーと車で来たのだが金曜だし月末だしで時間にゆとりを持って出たのだが意外にも道は流れ二時間も早く着いてしまった…

飯でも食おうぜと近くのファミレスで時間を潰しがてらの食事に。

俺はハンバーグのセットを頼む。
withライスでね(笑)

俺の注文した品が来る。
ハンバーグオンリーだけゴロッと置かれる。

まぁライスはすぐ来るだろなと思い、先に本体つまみ出す。
ローディーの分が運ばれる。
俺のライスが来ない…

「あのぅすみません。ライスを…」

「失礼しました!ただいま」

腹が減っていたので無駄に食がすすむ…

ライスが来ない…

気づいたらハンバーグ本体を半分以上食い散らかしてしまった…
オカズとライスを計算しながら食いたい俺にこの上ないストレスが生じる…

ライスが来ない…

「すいません!!ライス来ないんだが!?」

やや半ギレ状態で声を上げるとようやくライスが来る。
ギュッとしゃもじで押しつけられたであろう平べったいライスを見て普段なら絶対噴き出す事がないであろうイラつきが支配し始める。

逃げ去ろうとする店員に

「オイ!店長呼べや!」

と語り掛けると一緒に居るローディーが迷惑そうな泣きそうな表情に陥っていく様が伺える…

しかし我慢ならん。

店長が来る。

「オイ。オマエはハンバーグセットを頼んだらハンバーグをオカズにライスを食うよな? オマエは単体でライスだけ食うか?食わねぇよな? この店ではライスを単体で食わせるシステムがあるのか? 先にハンバーグだけ完食させて塩かなんかでライス食わせんのか? それともふりかけサービスでもあんのか?俺が言ってる事解るよな? 俺が何に不満を抱いてるか解るよな? 間違ってる事言ってたらアナタは間違ってると指摘してくれよ。」

と言ったら心無い平謝りしてライスは無料にさせてもらいますと言われまたまたカチンとくる。

「そーゆー意味で言ってるんじゃねぇしオマエのその心無い謝罪がムカつくんだべ? タダとかしなくていいから悪いと思うなら謝れよ。 悪いと思ってなかったら謝らなくていいから。」

ようやく深々と謝られた次の瞬間に鎮火…

結局ライスは残すし引っ込みつかねぇから正規の料金は払うしで良い事は何も無かった…

いつのまにか入りの時間になりスタジオに入る…

たまに早く行きゃロクな事が無いと悟った俺…