[ 6.24 ]


キャベツ食いになってからレシピのワンパターンに苦しんで来た。

お好み焼きはいつも関西風の混ぜ合わせて焼く方法でやってきたが、今日はもやしも使い広島風に果敢に挑戦した。

まず、クレープ状に生地がペラペラにならん時点で心が折れそうになる。

キャベツを乗っけてもやしも投入。

何しろ普通のコンロでフライパンで焼くから全てに無理がある。

何しろ火力が弱いから野菜の水気が思うように飛ばん。
何しろ蓋をして蒸らしても全然生っぽいまま。

そして玉子で挟もうと裏返すも大崩壊。

最終的には全てが面倒になりグチャグチャに炒める。

そして本当に不味い!!

結局、普通に広島風お好み焼き屋にキャベツ特盛りを食いに行った…。

※本日、渾身の出来の新しいDVDの発売っス!!

新しい酒井愁ワールドを御堪能くださいませ!